• 日本で英語をマスターするのが難しい理由

    日本で英語をマスターするのが難しい理由1.英語を使う機会がない。英語で話す機会が少ない。2.ネイティブの発音が絶対だと思っているので、自分の英語力(発音)に自信がない。3.英語で間違えるのが怖い。

  • アメリカ・カナダ・オーストラリア留学の難しさ

    アメリカ・カナダ・オーストラリア留学の難しさ1.ネイティブと比べて英語力に差がありすぎるので、何を言っているのか分からずに混乱する。2.自分の英語に自信がなくなる。文法の間違いや発音の下手さなど、悪いところばかり目立つ。3.英語を日常で使わない。先生以外のネイティブと話す機会が少ない。4.西洋文化が合わない。個人主義のなど習慣や考え方も違うので、生活や友達を作るのも難しい。シャイで相手が誘ってくるのを待っているタイプだとあまり相手にされない。

  • マレーシア留学のメリット

    マレーシア留学のメリット1.英語を使う機会が多い。マレーシア人は外国人と英語を使いたいと思っているので、英語を話す機会が自然と増えてくる。2.第二言語で英語を話すマレーシア人の英語はシンプルで理解しやすい。「相手に伝える為の英語」を話す。発音も大事だが、発音だけがすべてではないことを理解している。3.明るい文化・親日国家など日本人・外国人に興味を持っており、すぐに英語を話す相手が見つかる。4.同じアジア文化なので考え方や習慣も近い。住みやすい。5.自分の英語力に自信を持てる。第二言語で英語を使うマレーシア人は話すのは上手だ が間違えも多い(文法など)。マレーシア人の英語を聞いているうちに、「間違えてもいいこと」に気づく。6.いろいろな英語(ネイティブ以外の英語)を聞くチャンスがある。7.外国人(アジア人)との付き合い方を学ぶことができる。8.多文化社会に住むことで、いろいろナ文化の良いところ・悪いところが理解できるチャンスがある。日本の文化を客観的に見ることができるようになる。

  • 日本で英語をマスターするのが難しい理由

    日本で英語をマスターするのが難しい理由1.英語を使う機会がない。英語で話す機会が少ない。2.ネイティブの発音が絶対だと思っているので、自分の英語力(発音)に自信がない。3.英語で間違えるのが怖い。

  • アメリカ・カナダ・オーストラリア留学の難しさ

    アメリカ・カナダ・オーストラリア留学の難しさ1.ネイティブと比べて英語力に差がありすぎるので、何を言っているのか分からずに混乱する。2.自分の英語に自信がなくなる。文法の間違いや発音の下手さなど、悪いところばかり目立つ。3.英語を日常で使わない。先生以外のネイティブと話す機会が少ない。4.西洋文化が合わない。個人主義のなど習慣や考え方も違うので、生活や友達を作るのも難しい。シャイで相手が誘ってくるのを待っているタイプだとあまり相手にされない。

  • マレーシア留学のメリット

    マレーシア留学のメリット1.英語を使う機会が多い。マレーシア人は外国人と英語を使いたいと思っているので、英語を話す機会が自然と増えてくる。2.第二言語で英語を話すマレーシア人の英語はシンプルで理解しやすい。「相手に伝える為の英語」を話す。発音も大事だが、発音だけがすべてではないことを理解している。3.明るい文化・親日国家など日本人・外国人に興味を持っており、すぐに英語を話す相手が見つかる。4.同じアジア文化なので考え方や習慣も近い。住みやすい。5.自分の英語力に自信を持てる。第二言語で英語を使うマレーシア人は話すのは上手だ が間違えも多い(文法など)。マレーシア人の英語を聞いているうちに、「間違えてもいいこと」に気づく。6.いろいろな英語(ネイティブ以外の英語)を聞くチャンスがある。7.外国人(アジア人)との付き合い方を学ぶことができる。8.多文化社会に住むことで、いろいろナ文化の良いところ・悪いところが理解できるチャンスがある。日本の文化を客観的に見ることができるようになる。

  • 日本で英語をマスターするのが難しい理由

    日本で英語をマスターするのが難しい理由1.英語を使う機会がない。英語で話す機会が少ない。2.ネイティブの発音が絶対だと思っているので、自分の英語力(発音)に自信がない。3.英語で間違えるのが怖い。

  • アメリカ・カナダ・オーストラリア留学の難しさ

    アメリカ・カナダ・オーストラリア留学の難しさ1.ネイティブと比べて英語力に差がありすぎるので、何を言っているのか分からずに混乱する。2.自分の英語に自信がなくなる。文法の間違いや発音の下手さなど、悪いところばかり目立つ。3.英語を日常で使わない。先生以外のネイティブと話す機会が少ない。4.西洋文化が合わない。個人主義のなど習慣や考え方も違うので、生活や友達を作るのも難しい。シャイで相手が誘ってくるのを待っているタイプだとあまり相手にされない。

  • マレーシア留学のメリット

    マレーシア留学のメリット1.英語を使う機会が多い。マレーシア人は外国人と英語を使いたいと思っているので、英語を話す機会が自然と増えてくる。2.第二言語で英語を話すマレーシア人の英語はシンプルで理解しやすい。「相手に伝える為の英語」を話す。発音も大事だが、発音だけがすべてではないことを理解している。3.明るい文化・親日国家など日本人・外国人に興味を持っており、すぐに英語を話す相手が見つかる。4.同じアジア文化なので考え方や習慣も近い。住みやすい。5.自分の英語力に自信を持てる。第二言語で英語を使うマレーシア人は話すのは上手だ が間違えも多い(文法など)。マレーシア人の英語を聞いているうちに、「間違えてもいいこと」に気づく。6.いろいろな英語(ネイティブ以外の英語)を聞くチャンスがある。7.外国人(アジア人)との付き合い方を学ぶことができる。8.多文化社会に住むことで、いろいろナ文化の良いところ・悪いところが理解できるチャンスがある。日本の文化を客観的に見ることができるようになる。

短期でも成果が残る留学の視点

日本で英語をマスターするのが難しい理由

1.英語を使う機会がない。英語で話す機会が少ない。
2.ネイティブの発音が絶対だと思っているので、自分の英語力(発音)に自信がない。
3.英語で間違えるのが怖い。

アメリカ・カナダ・オーストラリア留学の難しさ

1.ネイティブと比べて英語力に差がありすぎるので、何を言っているのか分からずに混乱する。
2.自分の英語に自信がなくなる。文法の間違いや発音の下手さなど、悪いところばかり目立つ。
3.英語を日常で使わない。先生以外のネイティブと話す機会が少ない。
4.西洋文化が合わない。個人主義のなど習慣や考え方も違うので、生活や友達を作るのも難しい。シャイで相手が誘ってくるのを待っているタイプだとあまり相手にされない。

マレーシア留学のメリット

1.英語を使う機会が多い。マレーシア人は外国人と英語を使いたいと思っているので、英語を話す機会が自然と増えてくる。
2.第二言語で英語を話すマレーシア人の英語はシンプルで理解しやすい。「相手に伝える為の英語」を話す。発音も大事だが、発音だけがすべてではないことを理解している。
3.明るい文化・親日国家など日本人・外国人に興味を持っており、すぐに英語を話す相手が見つかる。
4.同じアジア文化なので考え方や習慣も近い。住みやすい。
5.自分の英語力に自信を持てる。第二言語で英語を使うマレーシア人は話すのは上手だが間違えも多い(文法など)。マレーシア人の英語を聞いているうちに、「間違えてもいいこと」に気づく。
6.いろいろな英語(ネイティブ以外の英語)を聞くチャンスがある。
7.外国人(アジア人)との付き合い方を学ぶことができる。
8.多文化社会に住むことで、いろいろナ文化の良いところ・悪いところが理解できるチャンスがある。日本の文化を客観的に見ることができるようになる。

短期でも成果が残る留学の視点

日本で英語をマスターするのが難しい理由
1.英語を使う機会がない。英語で話す機会が少ない。
2.ネイティブの発音が絶対だと思っているので、自分の英語力(発音)に自信がない。
3.英語で間違えるのが怖い。

アメリカ・カナダ・オーストラリア留学の難しさ
1.ネイティブと比べて英語力に差がありすぎるので、何を言っているのか分からずに混
乱する。
2.自分の英語に自信がなくなる。文法の間違いや発音の下手さなど、悪いところばかり
目立つ。
3.英語を日常で使わない。先生以外のネイティブと話す機会が少ない。
4.西洋文化が合わない。個人主義のなど習慣や考え方も違うので、生活や友達を作るのも難しい。シャイで相手が誘ってくるのを待っているタイプだとあまり相手にされない。

マレーシア留学のメリット
1.英語を使う機会が多い。マレーシア人は外国人と英語を使いたいと思っているので、
英語を話す機会が自然と増えてくる。
2.第二言語で英語を話すマレーシア人の英語はシンプルで理解しやすい。「相手に伝える為の英語」を話す。発音も大事だが、発音だけがすべてではないことを理解している。
3.明るい文化・親日国家など日本人・外国人に興味を持っており、すぐに英語を話す相手が見つかる。
4.同じアジア文化なので考え方や習慣も近い。住みやすい。
5.自分の英語力に自信を持てる。第二言語で英語を使うマレーシア人は話すのは上手だ 
が間違えも多い(文法など)。マレーシア人の英語を聞いているうちに、「間違えてもいいこと」に気づく。
6.いろいろな英語(ネイティブ以外の英語)を聞くチャンスがある。
7.外国人(アジア人)との付き合い方を学ぶことができる。
8.多文化社会に住むことで、いろいろナ文化の良いところ・悪いところが理解できるチャンスがある。日本の文化を客観的に見ることができるようになる。

短期でも成果が残る留学の視点

日本で英語をマスターするのが難しい理由
1.英語を使う機会がない。英語で話す機会が少ない。
2.ネイティブの発音が絶対だと思っているので、自分の英語力(発音)に自信がない。
3.英語で間違えるのが怖い。

アメリカ・カナダ・オーストラリア留学の難しさ
1.ネイティブと比べて英語力に差がありすぎるので、何を言っているのか分からずに混
乱する。
2.自分の英語に自信がなくなる。文法の間違いや発音の下手さなど、悪いところばかり
目立つ。
3.英語を日常で使わない。先生以外のネイティブと話す機会が少ない。
4.西洋文化が合わない。個人主義のなど習慣や考え方も違うので、生活や友達を作るのも難しい。シャイで相手が誘ってくるのを待っているタイプだとあまり相手にされない。

マレーシア留学のメリット
1.英語を使う機会が多い。マレーシア人は外国人と英語を使いたいと思っているので、
英語を話す機会が自然と増えてくる。
2.第二言語で英語を話すマレーシア人の英語はシンプルで理解しやすい。「相手に伝える為の英語」を話す。発音も大事だが、発音だけがすべてではないことを理解している。
3.明るい文化・親日国家など日本人・外国人に興味を持っており、すぐに英語を話す相手が見つかる。
4.同じアジア文化なので考え方や習慣も近い。住みやすい。
5.自分の英語力に自信を持てる。第二言語で英語を使うマレーシア人は話すのは上手だ 
が間違えも多い(文法など)。マレーシア人の英語を聞いているうちに、「間違えてもいいこと」に気づく。
6.いろいろな英語(ネイティブ以外の英語)を聞くチャンスがある。
7.外国人(アジア人)との付き合い方を学ぶことができる。
8.多文化社会に住むことで、いろいろナ文化の良いところ・悪いところが理解できるチャンスがある。日本の文化を客観的に見ることができるようになる。

マレーシア留学のメリット

1,マレーシアで会話のコツを学ぶことができる。

2,自然と会話のやり取りができるようになる。

3,英語を第二言語として話すマレーシア人から、会話の続け方のコツ・トーク術を学ぶことができる。

つまり、英語が使えるようになるまでの時間が短い。急成長があり得るのです。

 アメリカ人などのネイティブとの会話の場合、英語のレベルが違いすぎるのでなかなか会話を続けることは難しいのは事実です。ネイティブとの会話が思っているほど弾まないことから自分の英語力のなさを感じて、英語で話すことも好きではなくなるかもしれないのです。
 英会話上達に必要なのは、自分と同じくらいの英語のレベルの相手と話すことです。同じような語彙・ボキャブラリーのサイズと対話することが本当の練習になります。また英会話のやり方をマスターするきっかけになります。“英会話”初心者の日本人には、自分よりちょっと英語が上手いマレーシア人と対話することで英会話が上達します。
 アクセントについても自身の着く考え方があります。アメリカ、イギリスなどの英語圏に留学しても、毎日ネイティブと会話をしても、日本人の英語のアクセント(日本語なまりの英語)はなかなか抜けません。日本語を母語として日本で育ってきた日本人の英語にアクセントがあるのは当たり前のことだと思います。自分のアクセントに自信を持って英語を話すことが大事なのです。

Kenji Kaneko (学術的研究者)

短期でも成果が残る留学の視点

日本で英語をマスターするのが難しい理由
1.英語を使う機会がない。英語で話す機会が少ない。
2.ネイティブの発音が絶対だと思っているので、自分の英語力(発音)に自信がない。
3.英語で間違えるのが怖い。

アメリカ・カナダ・オーストラリア留学の難しさ
1.ネイティブと比べて英語力に差がありすぎるので、何を言っているのか分からずに混
乱する。
2.自分の英語に自信がなくなる。文法の間違いや発音の下手さなど、悪いところばかり
目立つ。
3.英語を日常で使わない。先生以外のネイティブと話す機会が少ない。
4.西洋文化が合わない。個人主義のなど習慣や考え方も違うので、生活や友達を作るのも難しい。シャイで相手が誘ってくるのを待っているタイプだとあまり相手にされない。

マレーシア留学のメリット
1.英語を使う機会が多い。マレーシア人は外国人と英語を使いたいと思っているので、
英語を話す機会が自然と増えてくる。
2.第二言語で英語を話すマレーシア人の英語はシンプルで理解しやすい。「相手に伝える為の英語」を話す。発音も大事だが、発音だけがすべてではないことを理解している。
3.明るい文化・親日国家など日本人・外国人に興味を持っており、すぐに英語を話す相手が見つかる。
4.同じアジア文化なので考え方や習慣も近い。住みやすい。
5.自分の英語力に自信を持てる。第二言語で英語を使うマレーシア人は話すのは上手だ 
が間違えも多い(文法など)。マレーシア人の英語を聞いているうちに、「間違えてもいいこと」に気づく。
6.いろいろな英語(ネイティブ以外の英語)を聞くチャンスがある。
7.外国人(アジア人)との付き合い方を学ぶことができる。
8.多文化社会に住むことで、いろいろナ文化の良いところ・悪いところが理解できるチャンスがある。日本の文化を客観的に見ることができるようになる。

短期でも成果が残る留学の視点

日本で英語をマスターするのが難しい理由
1.英語を使う機会がない。英語で話す機会が少ない。
2.ネイティブの発音が絶対だと思っているので、自分の英語力(発音)に自信がない。
3.英語で間違えるのが怖い。

アメリカ・カナダ・オーストラリア留学の難しさ
1.ネイティブと比べて英語力に差がありすぎるので、何を言っているのか分からずに混
乱する。
2.自分の英語に自信がなくなる。文法の間違いや発音の下手さなど、悪いところばかり
目立つ。
3.英語を日常で使わない。先生以外のネイティブと話す機会が少ない。
4.西洋文化が合わない。個人主義のなど習慣や考え方も違うので、生活や友達を作るのも難しい。シャイで相手が誘ってくるのを待っているタイプだとあまり相手にされない。

マレーシア留学のメリット
1.英語を使う機会が多い。マレーシア人は外国人と英語を使いたいと思っているので、
英語を話す機会が自然と増えてくる。
2.第二言語で英語を話すマレーシア人の英語はシンプルで理解しやすい。「相手に伝える為の英語」を話す。発音も大事だが、発音だけがすべてではないことを理解している。
3.明るい文化・親日国家など日本人・外国人に興味を持っており、すぐに英語を話す相手が見つかる。
4.同じアジア文化なので考え方や習慣も近い。住みやすい。
5.自分の英語力に自信を持てる。第二言語で英語を使うマレーシア人は話すのは上手だ 
が間違えも多い(文法など)。マレーシア人の英語を聞いているうちに、「間違えてもいいこと」に気づく。
6.いろいろな英語(ネイティブ以外の英語)を聞くチャンスがある。
7.外国人(アジア人)との付き合い方を学ぶことができる。
8.多文化社会に住むことで、いろいろナ文化の良いところ・悪いところが理解できるチャンスがある。日本の文化を客観的に見ることができるようになる。

最適な場所へ

英会話を最短で身に着ける方法は「使うこと」

どこで使うのか。

留学先で使う事が最も密度が濃く頻度が高い。

確かに、英語100%の環境であれば自然に英語に慣れる。

しかし、英語圏の人々は留学生の話し相手になってくれるのか?

なぜならば、英語圏のネイティブにとって留学生との会話はスピード感が無く、話し相手として有意義な時間は長続きしにくいから。

 

最適な場所へ

英会話を最短で身に着ける方法は「使うこと」

どこで使うのか。

留学先で使う事が最も密度が濃く頻度が高い。

確かに、英語100%の環境であれば自然に英語に慣れる。

しかし、英語圏の人々は留学生の話し相手になってくれるのか?

なぜならば、英語圏のネイティブにとって留学生との会話はスピード感が無く、話し相手として有意義な時間は長続きしにくいから。

 

最適な場所へ

英会話を最短で身に着ける方法は「使うこと」

どこで使うのか。

留学先で使う事が最も密度が濃く頻度が高い。

確かに、英語100%の環境であれば自然に英語に慣れる。

しかし、英語圏の人々は留学生の話し相手になってくれるのか?

なぜならば、英語圏のネイティブにとって留学生との会話はスピード感が無く、話し相手として有意義な時間は長続きしにくいから。

 

学習モチベーション研究から言えること

成人学習者の語学学習モチベーションが向上する要因を研究し、初心者が熟達者に成るとはどういうことかを明らかにした。

先ず、入門期の学習モチベーションは非常に高い。成りたい自分へのイメージがあるからだ。しかし、学習を開始すると「自分にがっかり」したり、「他者からの悪影響」を受けてモチベーションを失う者は少なくない。

しかし、失ったモチベーションでも、「どうしても必要と思われる学習」については自律性が支えとなってモチベーションを上げることができるが、自律性はモチベーションを失わせる「自分にがっかり」「他者からの悪影響」と葛藤することになる。

自律性が勝ちを収めた状態が熟達者である。熟達者はモチベーションが失われるような経験を経ていくつもの対応策を持っている。

ずばり、初心者と熟達者との違いはモチベーションが失ってしまう様な事柄に対してのいくつもの対応策を持っているかどうか、対応策を用いて学習を継続しているかどうかなのである。

さて、「自分にがっかり」しないようにする対応策は、適切な難易度で学習しているかどうかで解決できる。「他者からの悪影響」は好影響を与えてくれる人と関わることが対応策である。

「好影響を与えてくれる他者」は学習のヒントや方向性、自信を与えてくれるような存在である。英会話でよくある他者からの悪影響は、英語圏のネイティブ同士の会話のスピードに触れて、自信を損失するとか努力する方向性を狂わされるような影響である。

研究経験から言える事として、初心者が留学する場所は、完全な英語圏よりも、英会話に楽しんで付き合ってくれる場所、英会話の自信を得られるような場所が望ましいと考える。その意味では、マレーシアは適当であると言えるのではないだろうか。

YRC留学センター 岡田 (横浜国立大学大学院にて、成人学習者の学習モチベーションについて研究)

 

学習モチベーション研究から言えること

成人学習者の語学学習モチベーションが向上する要因を研究し、初心者が熟達者に成るとはどういうことかを明らかにした。

先ず、入門期の学習モチベーションは非常に高い。成りたい自分へのイメージがあるからだ。しかし、学習を開始すると「自分にがっかり」したり、「他者からの悪影響」を受けてモチベーションを失う者は少なくない。

しかし、失ったモチベーションでも、「どうしても必要と思われる学習」については自律性が支えとなってモチベーションを上げることができるが、自律性はモチベーションを失わせる「自分にがっかり」「他者からの悪影響」と葛藤することになる。

自律性が勝ちを収めた状態が熟達者である。熟達者はモチベーションが失われるような経験を経ていくつもの対応策を持っている。

ずばり、初心者と熟達者との違いはモチベーションが失ってしまう様な事柄に対してのいくつもの対応策を持っているかどうか、対応策を用いて学習を継続しているかどうかなのである。

さて、「自分にがっかり」しないようにする対応策は、適切な難易度で学習しているかどうかで解決できる。「他者からの悪影響」は好影響を与えてくれる人と関わることが対応策である。

「好影響を与えてくれる他者」は学習のヒントや方向性、自信を与えてくれるような存在である。英会話でよくある他者からの悪影響は、英語圏のネイティブ同士の会話のスピードに触れて、自信を損失するとか努力する方向性を狂わされるような影響である。

研究経験から言える事として、初心者が留学する場所は、完全な英語圏よりも、英会話に楽しんで付き合ってくれる場所、英会話の自信を得られるような場所が望ましいと考える。その意味では、マレーシアは適当であると言えるのではないだろうか。

YRC留学センター 岡田 (横浜国立大学大学院にて、成人学習者の学習モチベーションについて研究)

 

学習モチベーション研究から言えること

成人学習者の語学学習モチベーションが向上する要因を研究し、初心者が熟達者に成るとはどういうことかを明らかにした。

先ず、入門期の学習モチベーションは非常に高い。成りたい自分へのイメージがあるからだ。しかし、学習を開始すると「自分にがっかり」したり、「他者からの悪影響」を受けてモチベーションを失う者は少なくない。

しかし、失ったモチベーションでも、「どうしても必要と思われる学習」については自律性が支えとなってモチベーションを上げることができるが、自律性はモチベーションを失わせる「自分にがっかり」「他者からの悪影響」と葛藤することになる。

自律性が勝ちを収めた状態が熟達者である。熟達者はモチベーションが失われるような経験を経ていくつもの対応策を持っている。

ずばり、初心者と熟達者との違いはモチベーションが失ってしまう様な事柄に対してのいくつもの対応策を持っているかどうか、対応策を用いて学習を継続しているかどうかなのである。

さて、「自分にがっかり」しないようにする対応策は、適切な難易度で学習しているかどうかで解決できる。「他者からの悪影響」は好影響を与えてくれる人と関わることが対応策である。

「好影響を与えてくれる他者」は学習のヒントや方向性、自信を与えてくれるような存在である。英会話でよくある他者からの悪影響は、英語圏のネイティブ同士の会話のスピードに触れて、自信を損失するとか努力する方向性を狂わされるような影響である。

研究経験から言える事として、初心者が留学する場所は、完全な英語圏よりも、英会話に楽しんで付き合ってくれる場所、英会話の自信を得られるような場所が望ましいと考える。その意味では、マレーシアは適当であると言えるのではないだろうか。

YRC留学センター 岡田 (横浜国立大学大学院にて、成人学習者の学習モチベーションについて研究)

 

マレーシアで英語を学ぶ者を調査

・マレーシアで英語を学ぶ?
マレーシアで学術調査をするまでは考えになかった。 しかし、マレーシアには英語学校があり、学んでいる者もいる。 インタビューをしてみると満足しているものが多い。その一部を報告いたします。

 

・先ず、マレーシアについて

マレーシアは多文化社会を学ぶことができる。マレーシアにはマレー人、中国人、インド人、少数民族が住んでいる。宗教もイスラム教、キリスト教、ヒンズー教、仏教など多様である。このような環境ゆえに多言語社会であり、マレー語、ヒンズー語、広東語、北京語、英語を使っている。グローバリゼーションを体験できる。英語を話せるマレーシア人は多い。物価は安く、治安も良い。

歴史的に英語圏の時期があった。お祭りが多く優しく陽気であり、親日である。ラマダンでは夕飯が贅沢になるので、家に呼ばたりレストランに一緒に行くなどの交流が生まれやすい。物価は安く、観光地も多く自然も海も綺麗。フィリピン留学と比較して、フィリピンは費用が安いが生活がつまらない、マレーシアは電車で行ける範囲が便利で生活が面白い。と両方留学した験者の言葉が印象に残った。

 

・マレーシア人と英語、日本人の英語について

マレーシアでは英語を日常的に使っている。また、英語を話したい人も多いので英語を話す機会が増える。

マレーシア人との英会話によって、自分の日本語なまりの英語が気にならなくなる。ネイティブ英語に対するコンプレックスが無くなるからだ。真似する相手ではないので、間違えた英語も気にならなくなり。リラックスして伝わる英語が中心になる。英語が自分のものになるとはこの事だと言える。

Kenji Kaneko (学術的研究者)

マレーシアで英語を学ぶ者を調査

・マレーシアで英語を学ぶ?
マレーシアで学術調査をするまでは考えになかった。 しかし、マレーシアには英語学校があり、学んでいる者もいる。 インタビューをしてみると満足しているものが多い。その一部を報告いたします。

 

・先ず、マレーシアについて

マレーシアは多文化社会を学ぶことができる。マレーシアにはマレー人、中国人、インド人、少数民族が住んでいる。宗教もイスラム教、キリスト教、ヒンズー教、仏教など多様である。このような環境ゆえに多言語社会であり、マレー語、ヒンズー語、広東語、北京語、英語を使っている。グローバリゼーションを体験できる。英語を話せるマレーシア人は多い。物価は安く、治安も良い。

歴史的に英語圏の時期があった。お祭りが多く優しく陽気であり、親日である。ラマダンでは夕飯が贅沢になるので、家に呼ばたりレストランに一緒に行くなどの交流が生まれやすい。物価は安く、観光地も多く自然も海も綺麗。フィリピン留学と比較して、フィリピンは費用が安いが生活がつまらない、マレーシアは電車で行ける範囲が便利で生活が面白い。と両方留学した験者の言葉が印象に残った。

 

・マレーシア人と英語、日本人の英語について

マレーシアでは英語を日常的に使っている。また、英語を話したい人も多いので英語を話す機会が増える。

マレーシア人との英会話によって、自分の日本語なまりの英語が気にならなくなる。ネイティブ英語に対するコンプレックスが無くなるからだ。真似する相手ではないので、間違えた英語も気にならなくなり。リラックスして伝わる英語が中心になる。英語が自分のものになるとはこの事だと言える。

金子 (学術的研究者)

マレーシアで英語を学ぶ者を調査

・マレーシアで英語を学ぶ?
マレーシアで学術調査をするまでは考えになかった。 しかし、マレーシアには英語学校があり、学んでいる者もいる。 インタビューをしてみると満足しているものが多い。その一部を報告いたします。

 

・先ず、マレーシアについて

マレーシアは多文化社会を学ぶことができる。マレーシアにはマレー人、中国人、インド人、少数民族が住んでいる。宗教もイスラム教、キリスト教、ヒンズー教、仏教など多様である。このような環境ゆえに多言語社会であり、マレー語、ヒンズー語、広東語、北京語、英語を使っている。グローバリゼーションを体験できる。英語を話せるマレーシア人は多い。物価は安く、治安も良い。

歴史的に英語圏の時期があった。お祭りが多く優しく陽気であり、親日である。ラマダンでは夕飯が贅沢になるので、家に呼ばたりレストランに一緒に行くなどの交流が生まれやすい。物価は安く、観光地も多く自然も海も綺麗。フィリピン留学と比較して、フィリピンは費用が安いが生活がつまらない、マレーシアは電車で行ける範囲が便利で生活が面白い。と両方留学した験者の言葉が印象に残った。

 

・マレーシア人と英語、日本人の英語について

マレーシアでは英語を日常的に使っている。また、英語を話したい人も多いので英語を話す機会が増える。

マレーシア人との英会話によって、自分の日本語なまりの英語が気にならなくなる。ネイティブ英語に対するコンプレックスが無くなるからだ。真似する相手ではないので、間違えた英語も気にならなくなり。リラックスして伝わる英語が中心になる。英語が自分のものになるとはこの事だと言える。

金子 (学術的研究者)

マレーシアでインタビュー

学術的調査活動中のインタビューより

 

・女子大学生:日本で彼女はネイティブ英語に対するコンプレックスを持っていたと言う。特に帰国子女の英語に。彼女はマレーシアで英語を学び、英語を話すことに慣れたことで、「使える英語」の意味を理解することができたと言う。マレーシア人は間違えを気にしないで英語を話しているので、自分も間違えを気にしないで英語を使うことができた。発音やアクセントではなく、自分の言いたいことを伝えることに集中できた。



・女子会社員:マレーシア人はとてもフレンドリー。自分の「つたない英語」にも付き合ってくれる。ネイティブと違うのであまり早くしゃべらない。英語のレベルが近いので会話が続く。話しやすい。マレーシア人は同じアジア人などで一緒にいて安心できる。アメリカだとアジア人が少ないので不安だと思っていました。文化が近いので安心。楽しい文化。明るい。同じ第二言語で英語を使うので難しさを分かってくれる。会話の時にゆっくり待っていてくれる。焦らせない。

主婦:いろいろな英語に出会える。発音ではなく「相手に伝える英語」の意味を理解できる。普段から英語で話すので英語を使うことに慣れる。話す機会が増えた。楽しく英語が学べる。

 

・男子学生:英語のレベルがあまり高くないので喋りやすい。友達も増える。日本・日本人に興味があるので友達を作りやすい。いろいろな文化を体験できる。いろいろな食事、料理にもトライできる。

Kenji Kaneko (学術的研究者)

マレーシアでインタビュー

学術的調査活動中のインタビューより

 

・女子大学生:日本で彼女はネイティブ英語に対するコンプレックスを持っていたと言う。特に帰国子女の英語に。彼女はマレーシアで英語を学び、英語を話すことに慣れたことで、「使える英語」の意味を理解することができたと言う。マレーシア人は間違えを気にしないで英語を話しているので、自分も間違えを気にしないで英語を使うことができた。発音やアクセントではなく、自分の言いたいことを伝えることに集中できた。



・女子会社員:マレーシア人はとてもフレンドリー。自分の「つたない英語」にも付き合ってくれる。ネイティブと違うのであまり早くしゃべらない。英語のレベルが近いので会話が続く。話しやすい。マレーシア人は同じアジア人などで一緒にいて安心できる。アメリカだとアジア人が少ないので不安だと思っていました。文化が近いので安心。楽しい文化。明るい。同じ第二言語で英語を使うので難しさを分かってくれる。会話の時にゆっくり待っていてくれる。焦らせない。

主婦:いろいろな英語に出会える。発音ではなく「相手に伝える英語」の意味を理解できる。普段から英語で話すので英語を使うことに慣れる。話す機会が増えた。楽しく英語が学べる。

 

・男子学生:英語のレベルがあまり高くないので喋りやすい。友達も増える。日本・日本人に興味があるので友達を作りやすい。いろいろな文化を体験できる。いろいろな食事、料理にもトライできる。

Kenji Kaneko (学術的研究者)

マレーシアでインタビュー

学術的調査活動中のインタビューより

 

・女子大学生:日本で彼女はネイティブ英語に対するコンプレックスを持っていたと言う。特に帰国子女の英語に。彼女はマレーシアで英語を学び、英語を話すことに慣れたことで、「使える英語」の意味を理解することができたと言う。マレーシア人は間違えを気にしないで英語を話しているので、自分も間違えを気にしないで英語を使うことができた。発音やアクセントではなく、自分の言いたいことを伝えることに集中できた。



・女子会社員:マレーシア人はとてもフレンドリー。自分の「つたない英語」にも付き合ってくれる。ネイティブと違うのであまり早くしゃべらない。英語のレベルが近いので会話が続く。話しやすい。マレーシア人は同じアジア人などで一緒にいて安心できる。アメリカだとアジア人が少ないので不安だと思っていました。文化が近いので安心。楽しい文化。明るい。同じ第二言語で英語を使うので難しさを分かってくれる。会話の時にゆっくり待っていてくれる。焦らせない。

主婦:いろいろな英語に出会える。発音ではなく「相手に伝える英語」の意味を理解できる。普段から英語で話すので英語を使うことに慣れる。話す機会が増えた。楽しく英語が学べる。

 

・男子学生:英語のレベルがあまり高くないので喋りやすい。友達も増える。日本・日本人に興味があるので友達を作りやすい。いろいろな文化を体験できる。いろいろな食事、料理にもトライできる。

Kenji Kaneko (学術的研究者)

英会話初心者でもしゃべる機会がある場所。

マレーシアは最適かもしれない。

英会話初心者でもしゃべる機会がある場所。

マレーシアは最適かもしれない。

英会話初心者でもしゃべる機会がある場所。

マレーシアは最適かもしれない。